2009年 01月 13日

佐原 2

シリーズ2回目は、デジタル肝硬変観光編。
とは言って見たものの、しょうもないものにばかりカメラを向けていたようで、よくよく見たらそれらしい写真が殆どありません(^^;
そんな中から、何とか”さわら”らしいかな?と思えるものを…


f0112952_21573767.jpg
#1.先ずは、観光パンフ風に小野川沿いの商家。


f0112952_21574889.jpg
#2.通称「じゃあじゃあ橋といわれる小野川に架かる「桶橋」。
もとは江戸時代の前期につくられた佐原村用水を、小野川の東岸から対岸の水田に送るための大樋で、橋の下側につけられた大樋を流れる水が小野川にあふれ落ちて「ジャージャー」と音を立てるので、「じゃあじゃあ橋」と呼ばれたらしい。
因みに、船外機付きの小船は「さっぱ舟」といって、船の中央にコタツが据えられコタツに入りながら小野川沿いを周遊できる。この日も連休初日と言うこともあってか、かなり多くの人に利用されていた。


f0112952_21575814.jpg
#3.佐原には酒造店も多い。
快晴の青空に浮かんだ雲が丁度酒造所の煙突?からでた煙のように見えた。


f0112952_2158860.jpg
#4.どうやら醤油醸造用だったらしいが、最近はイベント会場などに用いられているらしい。横浜の赤レンガ倉庫みたいなノリかな?


f0112952_21581856.jpg
#5.全てが重厚な造りの書店。
軽薄な書籍は絶対に置いてないとでもいいたげな店構えだけに、ぜひともここでクレヨンしんちゃん全巻とか売っていて欲しい。


f0112952_21582941.jpg
#6.個人宅なのか何なのかちょっと不明だったが、これが「千本格子」ってヤツだろうか?


f0112952_21584450.jpg
#7.家内工芸?
商売で作っていると言う風でも無かったので、趣味で造られている最中だと思うのですが、なかなか趣のある宝舟でございました。


f0112952_2201759.jpg
#8.ここにも新たな再生を待つ空き地がひとつ。
場所柄とんでもないものが建つことは無いのでしょうが、気になります。


f0112952_21585714.jpg
#9.旅館でも民宿でもなく、ましてやホテルでもなく「お宿」ってのが旅情をくすぐります。
…って、俺は雀か(^^;
[PR]

by tobi-photo | 2009-01-13 22:44 |


<< 佐原 3      佐原 1 >>