Oh! Photo

tobiphoto.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 21日

カメラ(型)バッグ

f0112952_11445147.jpg







昔はカメラケースってのが結構定番だったように思う。ケースと言っても今のコンデジを入れる袋状の汎用的な物じゃなく、そのカメラ専用に立体整形された上下2ピースに別れているやつ。撮影時は上部だけを外してレンズと操作部を露出し、外した上部ケースはカメラの下にぶら下げるような形になる。
カメラがまだ貴重品であったころ、傷を付けないように普段はケースに入れて持ち歩き、イザ写真を撮る!という時にある種の儀式のようにケースを外す操作をしたのかもしれない。

最近でもOLYMPUSは積極的に当時のケースと似たような物をアクセサリーとして販売しており、中々好調な売れ行きらしい。
まあ、最近のケースは傷から守るというよりもファッションとしての要素が強いのだと思うけど、確かに同社のEP-1なんかこうしたケースに入れてタスキ掛けした女性を見るとカッコイイかも、なんて思ってしまう(^^;

まあ、これも若い女性がやるからカッコイイんであって自分のようなおじさんだとファッションというよりも田舎者の東京見物みたいになってしまうのが悲しいところ。

なんだけど…
実は、この昔ながらのカメラケースって結構好きだったりしちゃう。カメラに限らず、小物好きってこういうケースモノにも興味があるんですよね。

そんなわけで、自分も一応それ風のケースを持ってたりする。それも2つ(^^;

一つはBESSA R2A用でこれは新品を購入したけど上下共に使った完全な形で使用したことは一度もない。一時、下側のケースだけ使って見たことがあり見た目的にはまんざらでもなかったけど、当然のことながらケースの分だけ重くなるし、わずかとは言え鞄にしまう時にかさ張ってしまう。また、フィルム交換の度にケースを外すのが面倒なのとAEロックボタンが押しにくくなってしまうので最近は全く使っていない。

f0112952_11454934.jpg
さあて、もう一つの方は最近手に入れた超ロートルカメラの「ペトリ V6」用。流石にこの時代で、しかもペトリというマイナー且つ品質より値段で勝負していた(らしい)メーカー製のケースというと、流通自体が少ない上、あったとしてもほとんどがカビだらけで形も崩れたものがカメラとセットで売られているという現状。

自分が入手したケースもジャンク扱いのカメラとセットになったもので見た目は一見かなり汚いが形がしっかりしているのと内側がそれほど汚れていなかったのでケース欲しさにゲット。薄めた中性洗剤と歯ブラシで汚れを洗い落とした後シリコン系アルコールで洗浄して、革靴用の汚れ落とし&つや出しクリームで仕上げ、何とか見られる状態へ回復。

早速、これまたジャンク3台を使って再生したペトリV6に装着してみると、これはもう完全に昭和レトロのノリでかなりイケてる。カメラ自体BESSAの用に実用的に使っている訳じゃないので、時にはこの状態でカメラだけ持ってご近所散歩も悪くないと思うのだが、ちょっと恥ずかしいので未だ実現せず(^^;
[PR]

by tobi-photo | 2009-11-21 11:50 | | Trackback
トラックバックURL : http://tobiphoto.exblog.jp/tb/12354208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< さぁーて、そろそろ…      礼儀正しい観客 >>