Oh! Photo

tobiphoto.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 13日

禁断のロシアンカメラ

f0112952_2026556.jpg


PENTAX SPに始まったお手軽価格のジャンクカメラ遊びだが、とうとう怪しげなロシアンカメラにまで手を出してしまった。

手に入れたのは「MIR(ミール)」という、「KMZ(クラスノゴルスク機械工場)が製造したライカコピー「ZORKI 4(ゾルキー4)」の廉価版。
「コピーモデル」の「廉価版」って、いったいどこまで成り下がるんだっ!て気もするけど、何たってジャンクカメラ遊びの予算は2~3千円程度と決めているので仕方ない。

しかし、このミールという廉価版が、実はジャンク遊びには最適な機種だったりする。というのも、廉価版として1/15以下のシャッタースピードが省かれているため、低速ガバナーが無い分構造が簡単で不具合品が少ない上、購入後のメンテも楽なのだ。

しかも安い!

今回のMIRも、保証は無いものの一応シャッターが切れて 52mm F2.8 のレンズ付、しかもほとんど未使用状態の速写ケース、更には元箱まで付いて6,800円!
予算上限の3,000円は大きく越えてしまったものの、とりあえず致命的な不具合箇所も無さそうだし、レンズ付ということを考えればマズマズ納得の行く範囲かと思う。

結局、レンズを含め特にメンテが必要な箇所は無く、そのまま使用可能な状態だった。気になるのはボディーのブラック部分と貼革が雑に後塗りされているのと細部に青サビのような汚れがこびり付いていて見た目がかなりボロイというだけ(^^;
革張り部分の塗装を落とすのにちょっと苦労したが、その他はクリーナーとコンパウンドで見違えるほど綺麗になり元の姿が想像出来ないほどの美品になった。
※元の酷い状態の写真を撮っておかなかったので、比較してお見せ出来ないのが残念(^^;


f0112952_2027814.jpg
未使用品としか思えないくらい綺麗な速写ケースと、ぼろいけど十二分に雰囲気を伝えてくれる元箱。

レンズは INDUSTAR-26Mで、テッサータイプの52mm F2.8。絞りにはクリック感も無く質感もとってもチープなんだけど、信じられないくらいに軽くて持ち運びが苦にならないし、思った以上に(というか、十分なくらい)よく写るレンズでびっくり!
※昨日アップした写真もBESSAにこのレンズをつけて撮ってみたものだけど充分使える!

正面のロゴなんか、なかなか独創的でカッコイイ!
とはいえ、細かな接合部や成型の仕上げはどことなくブリキのおもちゃを思わせる辺り、やっぱりロシアンテイストが溢れているのです(^^;

面白いのは、公式シャッタースピードを1/500秒としているのに、設置ダイヤルはひとつ上の1/1000秒まで動かすことが出来て、その位置には「・(ドット)」まで刻印され明確に位置表示されてたりする。
これは1/1000秒で造っては見たものの、あまりに不安定なんでスペック的には1/500秒で売ったらしい。
「せっかく造ったんだから不安定だろうが何だろうが一応使えるようにしとくか」的な未練たらしさがとってもキュートです。

ちなみに、「MIR(ミール)」とは「平和」って意味らしい(^^)v

#1.
f0112952_2032413.jpg



#2.
f0112952_20325174.jpg



#3.
f0112952_2033026.jpg

[PR]

by tobi-photo | 2010-02-13 20:34 | - 雑記 - | Trackback
トラックバックURL : http://tobiphoto.exblog.jp/tb/12847533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Yokohama #山手      curved line >>