<   2014年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

ただ何となくsilent

f0112952_22134831.jpg

スマートフォンも phone というくらいだから一応電話なんだろうけど
もはや、話すためというよりも
見る(読む)ためになっているような

だから何だっってことも無いのだけれど…

[PR]

by tobi-photo | 2014-04-30 22:14 |
2014年 04月 29日

昭和の日

激動の日々を経て,復興を遂げた昭和の時代を顧み,国の将来に思いをいたす日

と、いうことらしいです。

f0112952_1952359.jpg

[PR]

by tobi-photo | 2014-04-29 19:52 |
2014年 04月 28日

今時の…

スマホのカメラってホントよく写りますね。
接写だって難なくこなしてくれるし、背景のボケだってソフトで何とかなるらしい。
街中のありふれた風景をスナップするくらいなら、これで充分じゃないのか?
と、思わなくもないのだけれど、そこはやっぱりスマホのカメラじゃ撮れないシーンとかってのは相当あるわけで。

なんとなく、「X100Sのテレコンが欲しいかも」とヤバイ欲求が出たり引っ込んだりの今日この頃。
f0112952_210338.jpg

[PR]

by tobi-photo | 2014-04-28 21:32 | - 雑記 -
2014年 04月 24日

ちょっと窮屈、ちょっと不自由

f0112952_21123733.jpg

くらいが、ちょうどいい

[PR]

by tobi-photo | 2014-04-24 21:17 |
2014年 04月 23日

誰もがいつかは…

f0112952_2139242.jpg


親の教えには正しい教えもあれば、間違った教えもある
そして、正しいのか間違っているのか、答えを保留にしている教えもある
そうした「未決」の教えも、いつか「既決」の箱に入れる時がくる


答えを出すことだけが人生じゃないんだよ
と、思いながらも・・・

[PR]

by tobi-photo | 2014-04-23 21:48 |
2014年 04月 22日

time to come back already.

f0112952_20555217.jpg
「門限」という言葉自体、今では既に死後に近いような気もする。


でもって、成人年齢の引き下げがどのこうのと言っているらしいが…

子供と大人の境はこの言葉に

不自由を感じるか、温もりを感じるか

ってのを尺度ににしてもいいと思う

[PR]

by tobi-photo | 2014-04-22 21:04 |
2014年 04月 21日

灯り

f0112952_2174050.jpg

灯りというのは美しく人の心を惹きつける

[PR]

by tobi-photo | 2014-04-21 21:09 |
2014年 04月 20日

あと一歩

ロバート・キャパ は、その著書の中で「 君の写真が良くないとしたら被写体に十分近づいていないからだ。 」
といっているが、スナップにおける「あと一歩の寄りは老眼とデジカメの液晶モニターが解決してくれる。

f0112952_20405240.jpg

[PR]

by tobi-photo | 2014-04-20 20:42 |
2014年 04月 16日

舌の根も乾いたか…

FUJIFILMからX100/100S用のテレコンが発表になった。
思えば昨年の2/22の同社主催のフォトセミナーに参加した折、X100用のワイコンはあるがテレコンを出す予定は無いのか?と尋ねたところメーカーの担当者がキッパリと「予定は無い!」と言っていた。

あれから1年と2か月ですから、何がどう変わろうと不思議じゃないんですが、限定1,000台というブラックリミテッドですら今だ完売出来ていないX100Sを対象に新たなアクセサリーを出してくれるとはFUJIFILMってなかなかいいメーカーさんです。
といっても、今のところあまり必要を感じないので自分は買いませんけど。(だって3万でしょ)

といいながらも、このBLACK LIMITEDにテレコン付けてノーマルX100との2台持ちってのもやてはみたいところ
…ではあるなぁ(^^;
f0112952_21285044.jpg
それにしても、こうして単体露出計と並べても絵になるデジカメって他にないよなぁ~
[PR]

by tobi-photo | 2014-04-16 21:40 | - 雑記 -
2014年 04月 11日

桜色?の人生

f0112952_20384097.jpg


「バラ色の人生」ってのはよく言われる言葉だけど、どうも”バラ色”ってのはどこか西洋チックだし色味が派手過ぎて自分のような年寄りには疲れちゃうところがある。

その点、「桜色の人生」ってのは何となく日本的でいい響きです。
これも散り際が近づいてきた我が身を想ってか(^^;

これが咲き誇った桜の木だったら…と思いながらトイフォットモードで色味を変えて…
[PR]

by tobi-photo | 2014-04-11 20:44 |